So-net無料ブログ作成
資格・テキスト ブログトップ
前の10件 | -

ビジネスマネジャー検定過去問出たよ [資格・テキスト]

ずっと気になっていたこの試験。
えみチュウ的に、やる気が出ない時にモチベーションを上げるために受けたいのが商工会議所の試験。
テキストは販売されていましたが、過去問が出ました。

2015年7月と2015年12月の2回分の過去問が載っています。

これだよ、これを待っていたんだよ~!
えみチュウはテキストと過去問両方揃えて勉強したいので、過去問が出てから受験しようと思っていました。
公式テキストはこちら。


次回の試験は7/17で申し込みはすでに締め切ってしまっていますが、その次が11/13日曜日にあります。
申込期間は8/30~9/30まで。
今からゆっくりペースの勉強で間に合いますね。
えみチュウは11月はいいかげん高圧ガス行けたらいいなーと思っているので(試験日重なり)ビジネスマネジャーはまだ受験できませんが、気になっている方、是非受験してみてください。



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

工事担任者総合種おすすめ書籍 [資格・テキスト]

工事担任者総合種に合格したので、いつものようにおすすめ書籍いってみよ〜*\(^o^)/*

工事担任者はわりと書籍が充実していますね。
どれを買うかにあたり、オーム社のを立ち読みして中身を確認したんだけど、やっぱり自分には合いませんでした。


リックテレコムの本です。
基礎と技術・理論がリックテレコムで非常によかったので、リシーズで揃えるといいかもしれません。

ではではえみチュウが使った書籍。
基礎はリックテレコムの科目別テキストです。

項目が見開き1ページになっていて、左側ページに文章での説明、右側のページでは図による解説がされています。
理解しやすく、よくまとまっています。
基礎が苦手なのでとても助かりました。
章の最後には練習問題が少しのっています。
索引もあるので過去問題で分からなかったところを調べるのも楽です。

技術・理論もリックテレコムのシリーズです。

基礎と同じページの作りです。
図が見やすいし覚えやすいです。

過去問はリックテレコムの最新と、その前のを買いました。
本音を言うと過去問5年分くらいで1冊になってればいいのになぁ。10年分とかならなおいい。
1冊のお値段がそこそこするので、ケチったえみチュウは、購入した以外はプリントアウトした過去問を使いましたが、分からない問題を自分で調べるのに手間も時間もかかったので、いっそ3、4年分くらいは買っちゃってもよかったかもしれません。
時は金なりって言うしね。
まぁ自分で調べた分勉強になったといえばそうなのかもしれないけど。
過去問が繰り返し出ているのでそれなりに役立つと思います。
思いますが、つまり同じ解説が何度も何度も載っているのを買う事になるので、やっぱりたくさん買う必要はないと思います。

この過去問は本試験1回分しか載ってませんが、予想問題がたくさん載っています。
冒頭で電気回路や論理回路などといった項目ごとに重点がまとめてあるので、過去問ではない部分のおすすめ度も高いです。
えみチュウは特に技術・理論をこの本でカバーしました。
いつもだったらさっと読み飛ばしちゃう出題分析と対策の指針がわりと役にたちました。

表紙に春と書かれてるのは11月の、秋と書いてあるのが5月の試験の過去問なので購入の際は注意を。

2013年5月くらいから技術・理論の新問がチラホラ目立つようになってきたと感じましたが、それでも過去問が繰り返し出ているので、過去問は絶対やるべきだと思います。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

消防設備士甲種4類おすすめテキスト [資格・テキスト]

今日は東京都知事選挙行ってきました。
昨日あれだけ降った雪がほとんどとけていました。
遊んでおいてよかった〜。

さて、本題はここから(^o^)/

消防設備士の甲種4類は幸いなことに沢山テキストが出ていますね。
でもそれゆえにどれにしようか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?
本屋に出向いて実際手にして自分に合うのを見つけてみるのもいいかもしれません。

おすすめテキストの紹介に入る前にまず、甲4は参考書2冊(うち1冊は製図対策用)、問題集1冊でOKだと思います。

えみチュウは1回不合格になってからのリベンジだったので「もう後が無い!」とテキストを買い足しました。
が、参考書は1冊で十分だったという結論です。


電気に関する基礎知識、消防関係法令、構造、機能及び工事または点検・整備の方法、電気、規格に関する部分についての学習部分と問題部分で構成された本です。
模擬試験が1回分収録されていますが、全体の問題部分は少量ですので別に問題集は用意した方がいいと思います。
この本はあくまでも参考書です。

鑑別の部分は学習というよりも問題で構成されているので、解説を読んで学習に代えるといいと思います。
この本には製図に関する部分は載っていません(模擬試験のところにも製図はない)のでこれも問題集同様、別に本を用意した方がいいと思います。
好みによると思うんですが、私はこのテキストのゴロ合わせがとても役に立ちました。
また、索引があるので、ひととおり勉強を終えた後で問題を解いて分からないところを確認するのに便利です。

私は個人的に弘文社のテキスト類がレイアウトなどが見やすくて使いやすくて好きです。



こちらも参考書です。
リベンジということで買い足した1冊。
でも、実技以外はだいたい内容を覚えていたので結果的には買い足す必要はありませんでした。

すばらしくこの上なくスペシャル分かりやすく書かれた本です。値段もおすすめですね。
必ず覚えておくべき重要な項目がピックアップされています。
説明が短文形式なのでサッと頭に入ってきますよ。
ページの下部には一問一答問題がついています。
この本にもゴロ合わせがありますが、私にはしっくりきませんでした。
更におすすめポイントとしては超重要暗記ポイントという別冊がついているところ。
32ページなので持ち歩きにも便利です。よくまとまっているので、試験直前の見直しにもいいです。
製図に関してはちょろりと書かれてありますが、これだけでは心配な気もします。


実はオーム社の本は読みにくくて苦手。
しぶしぶ買いましたが、製図のこの本は分かりやすかったです。
製図対策にはあった方がいい1冊です。
完全対策というタイトルどおりです。
設計の手順から丁寧に解説されています。
製図の例題もあります。
前回試験の時に買ってたんですがまったく開くことなく試験を受けました。
はい、おバカさんです。アホでした。
この本をちゃんと読んでいれば、シロートでも大丈夫です。

お次は問題集。

前回の時に買って、買った事を忘れて使わず、今回の試験の前日にたまたま本棚にあるのを発見。
慌てて解いたものの全ては解ききれず、電車の中までねばって、とりあえず苦手な電気と実技を最後まで終わらせたシロモノ。
まさに直前対策!良い子はマネしないでね。

4回分の予想問題が収録されています。
実技もばっちり載っているので本試験と同じように解く事が出来ます。
本の前書きに「最新の出題傾向に沿った問題を数多く採用」と書いてあるように、ポイントを押さえた問題集だと感じました。
前日とは言え発見して問題解いてよかった。とってもおすすめです。


模擬試験が6回分のっている問題集です。
これも製図がしっかりあるので、本番対策がバッチリできます。
問題数をこなしたい人には値段的にもこちらがおすすめですね。
なにしろえみチュウ、上で紹介した問題集の存在を忘れていたのでこの問題集を買ってしましましたが、どちらか1冊で十分でした。
じゃあどっち?と聞かれたら個人的には弘文社の問題集推しです。

えみチュウが実際に使った書籍類についてざーっと書きましたが、最終的には好みで選ぶといいでしょうというのが私のアドバイスかな。
読みやすさとか。
どこのテキストも同じようなことが書かれていますから。
甲4はちゃんとやればとれるので、あれもこれもと用意する必要はありません。
何十時間も勉強する必要もないです。重要な部分を押さえればいいと思います。
そういう重要ポイントを押さえた本がたくさん出ていますので、自分との相性がいい本を見つければ勉強もはかどると思います。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

船の文化検定おすすめ書籍 [資格・テキスト]

船の文化検定初級用のテキストです。

この本から75%程度出題されます。

正解率70%以上で合格なのでこれをやっておけば確実です。

本の問題と同じものが出題されることもありますが、解説部分から出ている問題もあったのでひととおり目をとおしておくといいと思います。
内容も興味深いのであっという間に読めちゃいます。
試験のための本というよりも「へぇ~そうだったんだ~」っていう感じで、読み物としてもおもしろい本ですよ。

民間検定ですが船についていろいろ知ることができて、受験してよかったです。
船が好きな人はもちろん、雑学が好きな人にもおすすめの試験です。
問題は漢字全てにふりがながふってあるので、小学生でも安心して受験できます。
受験資格は不要で誰でも受けらますから、家族で一緒に受けてみるっていうのも楽しいかもしれませんね。
nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び

知的財産管理技能検定おすすめテキスト [資格・テキスト]

知財検定の勉強もう始めましたか?
えみチュウが使ったテキストを紹介します。

まずはテキスト。

3級の時にさんざんな事を言っておいて懲りない私(笑)
だって公式テキスト大好きなんだもん。
でもまた言っちゃうよ。
買う必要無かったかも(え

文章は読みやすいので本を「読む」ように最初から最後まで「読む」ことも簡単です。
でも自分は基本的にテキストは「読む」ものではなく、辞書のように「調べる」のに使うので、その点では不十分に感じました。
弁理士として業務を行えない事件(弁理士法31条)など、数行しかなかったけどもう少し詳しく説明がのっていてもよかったんじゃないかな、なんてね。
(1)相手方の協議を受けて賛助し、またはその依頼を承諾した事件(1号)
(2)受任している相手方からの依頼による他の事件(3号)
(3)公務員として職務上取り扱った事件(4号)
(4)仲裁手続きにより仲裁人として取り扱った事件(5号)
上記(2)の例外(31条柱書ただし書)
と、まあ、ネットで条文調べれば分かるけど、これくらいの内容はついでに書いていてくれてもいいのになと思いました。

このテキストは索引がなかったので辞書として「調べる」使い方もできず。
こんな感じなので、買ったはいいけど使わず問題集をメインでやり、分からなかった部分や間違えたところはネット検索で補いました。

問題集はこちら。
学科。

テーマ別の問題集。
過去11回分の本試験問題が分析され重要な頻出テーマに絞られています。
各問題には過去問題と予想問題があって、予想問題はひねりを加えたようなものもあるので、知識が抜け落ちた隙間を発見できたり、再確認したりするのに役立ちました。
細かい部分も問うていて、とても良い問題集です。

実技。

記述式の形式に対応した問題集です。
過去11回分の本試験問題を分析、重要な問題が厳選されてのっています。
特許法なら特許要件、新規性というふうにテーマに分かれて解説もされているので自分の苦手な部分を把握しやすいです。
この実技のスピード問題を解く事で学科のスピード問題の分からなかった部分の理解が深まります。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

福祉住環境コーディネーター2級おすすめ書籍 [資格・テキスト]

福祉住環境コーディネーター2級に合格したので、えみチュウが使った書籍を紹介します。
いつもテキスト1冊、問題集1冊がベストな自分ですが今回は浮気していろいろ買ってしまいました。
なんでかって、萌えジャンルじゃない上、沢山出てきた数字が覚えにくそうだったから。

まずは公式テキスト。
(1)

試験はこの本から出ていると思われるのでこの本を押さえていればOK。
ここが何と言っても公式のいいところ。

とても詳しく書かれていて素晴らしいテキストです。
ただ、厚みがあって(423ページ)重たいので電車など持ち歩きには不向き。
福祉用具など、さまざまな種類がありますが馴染みが無くとまどいました。
この本は絵も載っているのでビジュアルで理解できてとても助かります。
時間に余裕のある人はこの本をしっかりやるといいと思います。
えみチュウはこのテキストで分からない部分をちょいちょいと補足しました。
読むのは大変なので、索引を使って分からないところを調べるという勉強方法をおすすめします。

こちらもテキストです。
(2)

公式テキスト好きなえみチュウはとりあえずネットで公式テキストを買ったんですが、ちょっと時間が無くなってしまい改めてこちらを投入。
レッスンの終りに3,4問の過去・予想問題が載っています。
欄外には関連して覚えたほうがいい情報が書かれていたり、用語の説明があります。
とても読みやすくて簡単です。
ポイントが絞られているので効率よく勉強できます。
この本も絵が載っているので理解しやすく、持ち歩きもできるので大変おすすめです。

次は問題集。
(3)

過去問が公表されていないので買いました。
平成○年○回というように本試験と同じ形式ではなくテーマ別に162問載っています。
その他、本試験と同じ形式で2回分の予想模擬試験が載っています。
えみチュウはそうなんですが、本試験と同じように問題を解いておきたい人は買うといいと思います。
国家資格ではないし難易度も高くないので本試験型にこだわらない人は次の(4)の問題集でも十分です。

こちらも問題集。
(4)

ポケットサイズで片手で扱えます。
隙間時間に問題を解きたい人におすすめ。
直近の18~27回の本試験の出題傾向を分析して厳選された684問を○×で答えます。
テーマの最後のページに覚えておくべき重要ポイントがまとめてあるので、試験開始直前の見直しにもいいです。

この4冊をえみチュウは投入しましたが。
結論から言うともちろん買いすぎでした(苦笑)
やっぱりテキスト1冊、問題集1冊がベストだわ。

ハンドレール(手すり)直径32ミリ~36ミリ程度、縦手すりの上端は肩の高さより100ミリ程度上方、スロープの勾配1/12から1/15、高齢者等配慮対策等級5級の玄関戸の下枠と玄関ポーチの高低差20ミリ以下、玄関戸の下枠と玄関土間の高低差5ミリ以下など、とにかく沢山数字が出てくるんですが、どれが重要で覚えるべきかは過去問をやるうちに見えてきます。
やみくもに覚えなくていいですし恐れることもありません。

第22回の問題で「糖尿病が進行して下肢の切断を余儀なくされた場合、手術直後から義手を製作して装着し立位訓練から歩行訓練を行う事が重要」というものがありましたが、国語力で解ける問題もけっこうあるので、「テキスト全部読まなきゃいけない!」とか、そんなに気合入れなくても大丈夫です。

しっかり勉強して他の福祉関係の資格も取りたい、就職を考えているとか、とにかく細かい部分まで勉強しないと気が済まない、いうような人は上記の(1)と(3)を。
主に自宅で勉強をするという場合(1)と(3)か(2)と(3)を。
サクっと取りたい人は(2)と(4)を。
主に電車や隙間時間で勉強する場合は(2)と(4)を。
試験終わった感じからいくと、もしかしたら(4)だけでもいけるかもしれない気もするようなしないような。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

知的財産管理技能検定3級おすすめ書籍 [資格・テキスト]

知的財産管理技能検定3級を勉強した時にえみチュウが使った書籍を紹介します。

テキストは公式のものを使いました。

特許法、実用新案法、意匠法、商標法など法律うんぬんのテキストにしては非常に読みやすかったです。
テキストというよりは小説の類の読み物みたいにサラっと読めちゃいました。
ただ、本当にサラっとで、問題集を解いた後で分からない部分を補足しようとすると物足りない感がぬぐえませんでした。
かゆい所に手が届かないと言うか、もうちょっと詳しく書いて欲しいなと思ったりしましたが、試験を受けた後での感想を言えば、3級ならこの程度の内容で大丈夫なのねと感じました。
ザックリと全体を把握したり流れを理解するには使えます。
2級を受ける予定で3級を受験する人は3級のテキストは買わずに2級のテキストを用意するのもいいかもしれません。

お次は学科の問題集。

そして実技の問題集。

この2冊はお値段も内容もおすすめです。
11回分の過去問がテーマ別に載っており、出題された事がない重要部分については予想問題が載っています。
解説が分かりやすいです。
特によかったのは予想選択肢とういうパート。
過去問題に加えて、さらにこんな選択肢があったら?と出題が予想される選択肢が載っています。
それが結構ひねってあったり、間違えたりひっかかったりするような問題になってるんです。これらを解くことで頭が整理され、理解を深めることができました。

この2冊があれば3級対策はバッチリだと思います。テキストは用意しなかったとしても、この2冊は買って損はしないと思います。

直近3回分の過去問はHPに載っているので、それを解くことも忘れずに!
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

高圧ガス第一種販売おすすめテキスト [資格・テキスト]

他試験とのスケジュールの関係で受けずにいた高圧ガスの道に足を踏み入れてしまったので、今年は2冷いけたらいいなと思っています。

一販のおすすめ書籍を紹介します。
テキストはこちら。
130109_2.JPG
講習で使われているもので2900円。
高圧ガス保安協会のHPから注文して購入しました。

ガスの一般的性質として分子や原子、熱量や密度の話などが丁寧に書かれていて基本的なことから理解することができます。
容器や付属品の絵や図も載っているのでとても分かりやすいです。

えみチュウは10月末の浄化槽管理士の勉強を優先したため、一販の勉強をしたのは11月に入ってから1週間くらいでした。時間があまりなかったのでテキストの基本的な部分はニ販や今までの知識で対応しました。
ならテキスト買わなくてもよかったんじゃないの?っていうとそうでもなくて、ニ販のテキストはLPガスについての内容なので、やはり一販は一販用のテキストを使うのがいいと思います。
例えば第一種販売主任者の選任が必要な指定ガスの部分(ガス各論)などはニ販にはないですし、役立ちました。
過去問やって分からない部分をネットで調べるという手もよくやりますが、テキストの値段が手頃だったのと過去問に参照するテキストのページが書いてあることから、ネット検索する手間よりテキストを取った次第です。

問題集は「第一種高圧ガス販売主任者試験問題と解説」です。
130109_1.JPG
テキストと同じく協会HPから購入しました。
2300円です。
24年度版は19年度から23年度までの過去問と、同じ年代の講習検定問題が載っています。
解説はテキストとリンクしていて、参照するページが書いてあるので便利です。
いつも法規のテキストは買わずネット検索ですますえみチュウですが、今回法令は過去問だけでいけました。
過去問をやれば保安技術もかなりの点を取れるようになると思います。

余談ですが、一販の問題は5択なんだけど、記述がイ、ロ、ハ、ニだったりイ、ロ、ハだったりするのがなんか気持ち悪かったです(笑)

nice!(0) 

浄化槽管理士おすすめテキスト [資格・テキスト]

合格証書が届いたのでえみチュウが使った浄化槽管理士の書籍を紹介します。
受験を考えてる方へ、ほんのりと参考になれば幸いでやんす。

まずはテキスト。
121211_1.JPG
これは環境大臣指定講習機関の日本環境整備教育センターが出しているもので、講習会で使われているテキストです。
3冊セットでお値段なんと23000円なり…
浄化槽の維持管理が上下に別れて2冊、法規資料集が1冊です。
分厚くて迫力あるテキスト、試験間近は電車にも持ち込みましたが立って読むのは手がプルプルして無理でした(笑)片手ではページもめくれない。ザックリと言うと上巻が午前の試験、下巻が午後の試験の内容という感じ。
分かりやすい文章で読みやすかったです。
この2冊はまんべんなく使いました。大活躍です。
法規は使いませんでした。

過去問はやはりセンターで売っている「国家試験 浄化槽管理士試験問題」という本で、3年分の過去問題が載っているものです。
121211_2.JPG
お値段1500円。
私が購入したのは21年~23年の問題が載っていました。解答はありますが解説はないのでご注意ください。
問題数をこなしたい、最近の傾向を知りたい人にはおすすめ。

こちらは16年~21年までの6年分の過去問が載っているオーム社の本で、解説があるのでおすすめです。
浄化槽は馴染みのないジャンルなので…というような場合、この本からはじめてみるといいかも。

解説を読んでまずは問題を覚えていくという方法で導入してみるのにいいかもしれません。

えみチュウは最初、6年分の過去問が載ってるオーム社本1冊で勝負しようと考えていました。
だってセンターのテキスト高いし。
試験は過去問派の自分としては、丁寧な解説もある本でいけたらしめたもの!と思ったわけです。
それが問題を解くうち、過去問だけでは対応が厳しいかもしれないと思いはじめ、最終的には上記で紹介した本を併用しました。

センターの3年分過去問はオーム社のと被ってる年が1年分ありますが、最近の問題を解いて傾向を知りたかったので買いました。
そして肝心なのがセンターテキスト。

試験では過去問で見た問題が出る事もあります。私が受けた回でも「これあったぞ!」という問題がちらほらありました。でもそれらはサービス問題で出たらラッキーくらいに思ってたほうがよさそう、というのが私の感想です。
過去問解いたあとテキストで確認すると、読んでれば答えられたじゃん!テキストに書いてあったぞ!という問題が結構あったと思ったので、今回はいつもの勉強方法を変えてテキストを読んでみました。
あ、もちろん過去問は押さえた上での事で、読むと言っても全部のページを熟読するということではありません。
全体的に流し読み、要所要所でちゃんと読むという感じです。
どこが要所かは過去問を解くうちに分かるようになってきます。
このテキストは講習会で浄化槽管理士をゲットしたGさんに譲ってもらいました。持つべきは資格ゲッターの友!本当に感謝です。
このテキストが無かったら私は合格できなかったと思います。
高額なので買って勉強してくださいと言うのは気がひけますが、手にして損はしないと思います。
nice!(0) 

おすすめの1冊 [資格・テキスト]



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 資格・テキスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。