So-net無料ブログ作成
検索選択

消防設備士甲種4類おすすめテキスト [資格・テキスト]

今日は東京都知事選挙行ってきました。
昨日あれだけ降った雪がほとんどとけていました。
遊んでおいてよかった〜。

さて、本題はここから(^o^)/

消防設備士の甲種4類は幸いなことに沢山テキストが出ていますね。
でもそれゆえにどれにしようか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?
本屋に出向いて実際手にして自分に合うのを見つけてみるのもいいかもしれません。

おすすめテキストの紹介に入る前にまず、甲4は参考書2冊(うち1冊は製図対策用)、問題集1冊でOKだと思います。

えみチュウは1回不合格になってからのリベンジだったので「もう後が無い!」とテキストを買い足しました。
が、参考書は1冊で十分だったという結論です。


電気に関する基礎知識、消防関係法令、構造、機能及び工事または点検・整備の方法、電気、規格に関する部分についての学習部分と問題部分で構成された本です。
模擬試験が1回分収録されていますが、全体の問題部分は少量ですので別に問題集は用意した方がいいと思います。
この本はあくまでも参考書です。

鑑別の部分は学習というよりも問題で構成されているので、解説を読んで学習に代えるといいと思います。
この本には製図に関する部分は載っていません(模擬試験のところにも製図はない)のでこれも問題集同様、別に本を用意した方がいいと思います。
好みによると思うんですが、私はこのテキストのゴロ合わせがとても役に立ちました。
また、索引があるので、ひととおり勉強を終えた後で問題を解いて分からないところを確認するのに便利です。

私は個人的に弘文社のテキスト類がレイアウトなどが見やすくて使いやすくて好きです。



こちらも参考書です。
リベンジということで買い足した1冊。
でも、実技以外はだいたい内容を覚えていたので結果的には買い足す必要はありませんでした。

すばらしくこの上なくスペシャル分かりやすく書かれた本です。値段もおすすめですね。
必ず覚えておくべき重要な項目がピックアップされています。
説明が短文形式なのでサッと頭に入ってきますよ。
ページの下部には一問一答問題がついています。
この本にもゴロ合わせがありますが、私にはしっくりきませんでした。
更におすすめポイントとしては超重要暗記ポイントという別冊がついているところ。
32ページなので持ち歩きにも便利です。よくまとまっているので、試験直前の見直しにもいいです。
製図に関してはちょろりと書かれてありますが、これだけでは心配な気もします。


実はオーム社の本は読みにくくて苦手。
しぶしぶ買いましたが、製図のこの本は分かりやすかったです。
製図対策にはあった方がいい1冊です。
完全対策というタイトルどおりです。
設計の手順から丁寧に解説されています。
製図の例題もあります。
前回試験の時に買ってたんですがまったく開くことなく試験を受けました。
はい、おバカさんです。アホでした。
この本をちゃんと読んでいれば、シロートでも大丈夫です。

お次は問題集。

前回の時に買って、買った事を忘れて使わず、今回の試験の前日にたまたま本棚にあるのを発見。
慌てて解いたものの全ては解ききれず、電車の中までねばって、とりあえず苦手な電気と実技を最後まで終わらせたシロモノ。
まさに直前対策!良い子はマネしないでね。

4回分の予想問題が収録されています。
実技もばっちり載っているので本試験と同じように解く事が出来ます。
本の前書きに「最新の出題傾向に沿った問題を数多く採用」と書いてあるように、ポイントを押さえた問題集だと感じました。
前日とは言え発見して問題解いてよかった。とってもおすすめです。


模擬試験が6回分のっている問題集です。
これも製図がしっかりあるので、本番対策がバッチリできます。
問題数をこなしたい人には値段的にもこちらがおすすめですね。
なにしろえみチュウ、上で紹介した問題集の存在を忘れていたのでこの問題集を買ってしましましたが、どちらか1冊で十分でした。
じゃあどっち?と聞かれたら個人的には弘文社の問題集推しです。

えみチュウが実際に使った書籍類についてざーっと書きましたが、最終的には好みで選ぶといいでしょうというのが私のアドバイスかな。
読みやすさとか。
どこのテキストも同じようなことが書かれていますから。
甲4はちゃんとやればとれるので、あれもこれもと用意する必要はありません。
何十時間も勉強する必要もないです。重要な部分を押さえればいいと思います。
そういう重要ポイントを押さえた本がたくさん出ていますので、自分との相性がいい本を見つければ勉強もはかどると思います。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。