So-net無料ブログ作成
検索選択

知的財産管理技能検定おすすめテキスト [資格・テキスト]

知財検定の勉強もう始めましたか?
えみチュウが使ったテキストを紹介します。

まずはテキスト。

3級の時にさんざんな事を言っておいて懲りない私(笑)
だって公式テキスト大好きなんだもん。
でもまた言っちゃうよ。
買う必要無かったかも(え

文章は読みやすいので本を「読む」ように最初から最後まで「読む」ことも簡単です。
でも自分は基本的にテキストは「読む」ものではなく、辞書のように「調べる」のに使うので、その点では不十分に感じました。
弁理士として業務を行えない事件(弁理士法31条)など、数行しかなかったけどもう少し詳しく説明がのっていてもよかったんじゃないかな、なんてね。
(1)相手方の協議を受けて賛助し、またはその依頼を承諾した事件(1号)
(2)受任している相手方からの依頼による他の事件(3号)
(3)公務員として職務上取り扱った事件(4号)
(4)仲裁手続きにより仲裁人として取り扱った事件(5号)
上記(2)の例外(31条柱書ただし書)
と、まあ、ネットで条文調べれば分かるけど、これくらいの内容はついでに書いていてくれてもいいのになと思いました。

このテキストは索引がなかったので辞書として「調べる」使い方もできず。
こんな感じなので、買ったはいいけど使わず問題集をメインでやり、分からなかった部分や間違えたところはネット検索で補いました。

問題集はこちら。
学科。

テーマ別の問題集。
過去11回分の本試験問題が分析され重要な頻出テーマに絞られています。
各問題には過去問題と予想問題があって、予想問題はひねりを加えたようなものもあるので、知識が抜け落ちた隙間を発見できたり、再確認したりするのに役立ちました。
細かい部分も問うていて、とても良い問題集です。

実技。

記述式の形式に対応した問題集です。
過去11回分の本試験問題を分析、重要な問題が厳選されてのっています。
特許法なら特許要件、新規性というふうにテーマに分かれて解説もされているので自分の苦手な部分を把握しやすいです。
この実技のスピード問題を解く事で学科のスピード問題の分からなかった部分の理解が深まります。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。